アルコールの種類と特徴を学んで健康に役立てましょう

「百害あって一利なし」と言われるタバコと比べると、アルコール類は適量を守れば健康に対して有効に働くことが少なくありません。

しかし、多くの人はアルコール類を飲み過ぎがダメだ、ということや、アルコール類をまったく飲まない「休肝日」を考えたほうがいい、というくらいの漠然とした知識しか持っていない思われます。

簡単にアルコール類と言ってもたくさんの種類がありますから、アルコール類の種類によっても飲み方や健康に対する効果が違っていることを学びましょう。

アルコール類を大きく分けると醸造酒蒸留酒混成酒の3つに分けることができます。

醸造酒はビールや日本酒やワインが代表的でもので、穀物や果実などを酵母によってアルコール発酵させて作ります。

ビールは大麦から、日本酒はコメから、ワインはぶどうから作られます。

蒸留酒と比べるとあまりアルコール度数は高くないという特徴があります。

蒸留酒はウィスキーや焼酎やブランデーが代表的なもので、醸造酒を更に蒸留して作られます。

ウィスキーはビールを蒸留して、焼酎は日本酒を蒸留して、ブランデーはワインを蒸留してという具合です。

醸造酒を蒸留することから、かなりアルコール度数が高い蒸留酒もあります。

混成酒は梅酒やリキュールが代表的なもので、醸造酒や蒸留酒に果実分や糖分などの加えて作られています。

アルコール度数は元のお酒によって大きく違いができます。

どの種類のアルコール類でも、ストレスの解消効果と血行改善の効果は期待できます。

アルコール度数で考えてみれば、蒸留酒や混成酒は飲み過ぎに注意しなければならないが分かりますし、糖分を控えなければならない人は、糖分がほとんど含まれていない蒸留酒のほうが醸造酒や混成酒よりも適していると言えます。

特にカロリーに注意しなければならないような人は、醸造酒や混成酒はかなりカロリーが高いので、飲みたいなら蒸留酒のほうがいいでしょう。

蒸留酒はカロリーがかなり低くなっているからです。

これだけでも健康に良いアルコール類のとり方が変わることも考えられます。