お酒の種類別、健康的にお酒を楽しむための1日の適量とは

大量の飲酒が健康に悪い影響を与えることは言うまでもありません。

しかし、アルコールにはリラックス効果や、ストレスを軽減したり解消したりする精神的なメリットがあることも事実でしょう。

お酒が好きな人は、「健康を害さない程度にお酒を楽しみたい。適量を知りたい」と思っているに違いありません。

そんな方のために、ここではお酒の適量を種類別に紹介することにします。

厚生労働省が推進している「健康日本21」が定めているアルコールの適量の基準値があります。「健康日本21(アルコール)

それは「1日の摂取量が、純アルコールに換算して20g以下」です。

では、純アルコールの数値はどのように求めればいいのか、数式を紹介しておきます。

「酒の量(ml)×(アルコール度数÷100)× 0.8」

これが純アルコールを求める数式になります。

たとえば、アルコール度数5度のビールの場合は、「500ml×(5度÷100)×0.8=20」となりますから、つまり、ビールの場合は500mlまでが1日に飲む適量ということになるわけです。

ここまでがいわば「前口上」、どのように適量を計ればいのかを説明してきました。

ここからが本題、「お酒の種類別の適量」の具体的な紹介に移りましょう。

ビールは今例示した通り、500mlが適量になりますから「中瓶1本程度」が目安になると考えていいでしょう。

そのほかのお酒は以下の通りです。

  • 日本酒(アルコール度数15度の場合) 1合(180ml)
  • ワイン(14度の場合) 1/4本(180ml)
  • 焼酎(25度の場合) 0.6合(110ml)
  • ウィスキー(43度の場合) ダブル1杯(60ml)

ちなみに、愛飲されている方も多いであろう「缶チューハイ(アルコール度数5度)」だと520mlまでが適量ということになります。

酒好きの人には「少ない」と感じられたかもしれません。

しかし、酒量というのは習慣性が大きく関係してきますので、この適量を習慣づけることによって、少量だけでも楽しめるようになるのではないでしょうか。

もちろん、その人の体質や体格などによって適量はちがってきますが、上記を一つの目安として、健康的にお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。