アルコールを飲まないと得られるのは健康と〇〇?アルコールを飲まないと得られるメリットは?

大人になればお酒を飲む機会がありますが「お酒を飲める=大人」と言う訳ではありません。

ある事情を抱えて飲まなかったり、飲む事を拒否したりと飲まない人もいます。

お酒大好きな人からすれば、飲まないのは損の様に思えますが、実は飲まないには飲まないなりの理由は存在します。

その理由がこちらになります。

肝臓に良い

アルコールを飲むと内臓に負担が掛かり、特に肝臓は、アルコールを取る回数が増えれば増える程、中性脂肪が溜まっていきます。

その状態が続くと、アルコールに含まれているアセトアルデヒドや活性酸素が肝臓細胞を破壊し、肝硬変になります。

そうなると肝不全や肝臓がんなどの症状を引き起こします。

逆にアルコールを摂取しない、摂取しても少量程度で、頻繁ではなければ肝臓の負担もその分軽くなり、規則正しい食生活もしていれば、より健康に良いと言えるでしょう。

意識を保ちやすい

アルコールが入ると、つい口がおしゃべりになり、自分の意識とは裏腹に体が言う事をききにくくなると言う事はありませんでしたか?

お酒に強い人ならば、ある程度保ててはいますが、弱い人に比べると必要最低限の受け答えは出来る程度、それでも飲む前に比べるとちょっとおしゃべりになってるなってなっていませんか?

そんなお酒で自分のテンションが変わってしまうのが嫌だったり、怖かったりで、お酒を飲まない選択肢も出て来ます。

体質的に飲めるが強い訳ではない

肌にアルコールを塗って、肌が赤くなれば体質的にアルコールに弱いというような検査をした経験があるでしょう。

しかし体質的には大丈夫でも、体の方が慣れていなくて飲めないと言う人もいます。

アルコールは体にかける負担も大きく、お酒に強い人の殆どは飲み慣れたからこその面もある為、体質的にはOKでも体内では駄目と分かっているから飲まないを選んでいる人も出て来ます。

純粋にお酒が嫌いだから

ここまでは健康面の話をしてきましたが、根本的に、お酒自体が嫌いで飲まない人もいます。

確かにアルコールの入っているお酒はアルコールの匂いも強く、お酒が入ると面倒な絡まれ方をされるし、車も運転できないしで、正直メリットを感じずに飲まないと言う人もいます。

嫌いな物を、無理して飲む必要がないなら飲まない、と判断するのも賢い判断ではあります。

アルコールを飲まないのにはこれらの理由がありました。

健康面を考慮して飲まないと言う理由も、本当に真っ当な理由でぐうの音も出ません。

ましてや、それに加えて嫌いと言われるともう無理して飲むのを勧めたりしない方が、人間関係にもヒビが入らなさそうなので、お互いを尊重して好きな物を飲んだ方が良いでしょう。