カテゴリー: アルコールの種類

お酒の種類別、健康的にお酒を楽しむための1日の適量とは

大量の飲酒が健康に悪い影響を与えることは言うまでもありません。

しかし、アルコールにはリラックス効果や、ストレスを軽減したり解消したりする精神的なメリットがあることも事実でしょう。

お酒が好きな人は、「健康を害さない程度にお酒を楽しみたい。適量を知りたい」と思っているに違いありません。

そんな方のために、ここではお酒の適量を種類別に紹介することにします。

厚生労働省が推進している「健康日本21」が定めているアルコールの適量の基準値があります。「健康日本21(アルコール)

それは「1日の摂取量が、純アルコールに換算して20g以下」です。

では、純アルコールの数値はどのように求めればいいのか、数式を紹介しておきます。

「酒の量(ml)×(アルコール度数÷100)× 0.8」

これが純アルコールを求める数式になります。

たとえば、アルコール度数5度のビールの場合は、「500ml×(5度÷100)×0.8=20」となりますから、つまり、ビールの場合は500mlまでが1日に飲む適量ということになるわけです。

ここまでがいわば「前口上」、どのように適量を計ればいのかを説明してきました。

ここからが本題、「お酒の種類別の適量」の具体的な紹介に移りましょう。

ビールは今例示した通り、500mlが適量になりますから「中瓶1本程度」が目安になると考えていいでしょう。

そのほかのお酒は以下の通りです。

  • 日本酒(アルコール度数15度の場合) 1合(180ml)
  • ワイン(14度の場合) 1/4本(180ml)
  • 焼酎(25度の場合) 0.6合(110ml)
  • ウィスキー(43度の場合) ダブル1杯(60ml)

ちなみに、愛飲されている方も多いであろう「缶チューハイ(アルコール度数5度)」だと520mlまでが適量ということになります。

酒好きの人には「少ない」と感じられたかもしれません。

しかし、酒量というのは習慣性が大きく関係してきますので、この適量を習慣づけることによって、少量だけでも楽しめるようになるのではないでしょうか。

もちろん、その人の体質や体格などによって適量はちがってきますが、上記を一つの目安として、健康的にお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

アルコールの種類と特徴を学んで健康に役立てましょう

「百害あって一利なし」と言われるタバコと比べると、アルコール類は適量を守れば健康に対して有効に働くことが少なくありません。

しかし、多くの人はアルコール類を飲み過ぎがダメだ、ということや、アルコール類をまったく飲まない「休肝日」を考えたほうがいい、というくらいの漠然とした知識しか持っていない思われます。

簡単にアルコール類と言ってもたくさんの種類がありますから、アルコール類の種類によっても飲み方や健康に対する効果が違っていることを学びましょう。

アルコール類を大きく分けると醸造酒蒸留酒混成酒の3つに分けることができます。

醸造酒はビールや日本酒やワインが代表的でもので、穀物や果実などを酵母によってアルコール発酵させて作ります。

ビールは大麦から、日本酒はコメから、ワインはぶどうから作られます。

蒸留酒と比べるとあまりアルコール度数は高くないという特徴があります。

蒸留酒はウィスキーや焼酎やブランデーが代表的なもので、醸造酒を更に蒸留して作られます。

ウィスキーはビールを蒸留して、焼酎は日本酒を蒸留して、ブランデーはワインを蒸留してという具合です。

醸造酒を蒸留することから、かなりアルコール度数が高い蒸留酒もあります。

混成酒は梅酒やリキュールが代表的なもので、醸造酒や蒸留酒に果実分や糖分などの加えて作られています。

アルコール度数は元のお酒によって大きく違いができます。

どの種類のアルコール類でも、ストレスの解消効果と血行改善の効果は期待できます。

アルコール度数で考えてみれば、蒸留酒や混成酒は飲み過ぎに注意しなければならないが分かりますし、糖分を控えなければならない人は、糖分がほとんど含まれていない蒸留酒のほうが醸造酒や混成酒よりも適していると言えます。

特にカロリーに注意しなければならないような人は、醸造酒や混成酒はかなりカロリーが高いので、飲みたいなら蒸留酒のほうがいいでしょう。

蒸留酒はカロリーがかなり低くなっているからです。

これだけでも健康に良いアルコール類のとり方が変わることも考えられます。