健康的なお酒の飲み方で肝臓への負担を少なくするアルコールの摂取方法

お酒が好きな人は毎日飲酒をする習慣があるので、アルコールを分解する肝臓に負担がかかってしまいます。

それにより肝臓に脂肪が蓄積されてしまい、脂肪肝になってしまう事も多いです。

脂肪肝になってしまうと肝機能が低下してくるので肝硬変肝臓がんになるリスクも高くなってしまいます。

肝硬変や肝臓がんになると命を失う危険性もあるので、お酒の飲み方には注意する必要があります。

お酒を飲む時に肝臓に負担を与えるのはアルコールなので、摂取の方法をしっかり考えていく必要があります。

そこで、健康的なお酒の飲み方で、肝臓への負担を少なくするアルコールの摂取方法を挙げていきます。

週1~2回のペースで飲酒をする

毎日お酒を飲んでいると、常に肝臓でアルコールを分解している状態になってしまうので、当然肝臓に負担がかかってしまいます。

肝臓に負担を与えないようにするには、休肝日を設ける事が大切になってきます。

休肝日は週に1~2日設けた方がいいと言われていますが、健康面を考えると週に1~2日だけでは足りません。

特に年齢を重ねてくると回復力や体力が低下してくるので、休肝日は週に4~5日は設けたいところです。

肝臓に負担を与えないようにするには、週1~2回のペースで飲酒をするようにした方がいいでしょう。

おつまみは野菜や大豆製品にする

お酒を飲んでいる時におつまみを食べますが、焼き鳥、唐揚げ、ポテトなど脂質が多く含まれている食べ物ばかりになってしまう事が多いです。

それにより、アルコールを分解する肝臓にも、脂肪が蓄積されやすくなります。

肝臓に脂肪が蓄積されると脂肪肝になってしまうので、健康面で支障が出てしまいます。

肝臓に負担をかけないようにするには、おつまみを野菜や大豆製品などにして体に必要な栄養素を取りながらお酒を飲むようにするといいでしょう。

肝臓に負担がかからなくなると、アルコールも早く分解する事が出来るので二日酔いを予防する事も出来ます。

健康的なお酒の飲み方で肝臓への負担を少なくするアルコールの摂取方法はこのようにあるので、健康面の事を考えて実践してみるといいでしょう。

サイトマップ